フリーランス・ファシリテーター

フリーランス・ファシリテーター イメージ画像

更新情報

阪神淡路大震災から25年が経ちました。四半世紀というと非常に長い月日が経過したようにも感じますが、高校生だった当時、大阪で体験した私自身としては、先日のことのように思い出されます。その後、2011年に東日本大震災が発生し、地震大国日本の弱さやリスクを改めて感じ

客員研究員を務めていますSI-CAT(気候変動適応技術社会実装プログラム)では、5年の研究期間を終えるにあたり、以下のシンポジウムを開催致します。来週開催のものについてはショートノーティスではありますがまだ参加登録は可能ですので、ご関心のある方は、ぜひご来場く

港まちづくり協議会が地域住民の方を対象として実施する「お買い物アンケート」の調査事業を担当させて頂いています。地元学区内にあった公設市場が昨年閉場し地域住民の方は日々のお買い物について、どうされているのか?また今後をどう考えていらっしゃるのか?を把握する
『商店街のこれから』の画像

2020年 あけましておめでとうございます令和最初の年明け、今年は日本でのオリンピックも開催されるということで期待に胸膨らませている方も多いでしょう。一方で、2020年後の日本社会についてさまざまな課題も指摘され、これから日本は、日本社会は、私たちはどうすればよ

NHKスペシャル「緒方貞子 戦争が終わらないこの世界で」が放送されていて視聴しました。2013年に放送されていたようですが、その年はザンビア駐在中だったので見ることも出来ず(放送も知りませんでしたが)今回初めての視聴でした。2013年ですので、UNHCRのトップ、JICA理
『責任ある者のありよう』の画像

2019年がまもなく終わろうとしています。 新しい機会も多く頂き、今年も充実した一年となりました。 (12月末までの活動実績を更新致しました) 「フリーランスのファシリテーターって仕事あるんですか?」と尋ねられること も多く、確かにファシリテーターとしてのみならず
『ファシリテーターの根幹』の画像

月に一度のコミュニケーション研修。今回は2019年度最後の講座ということもあり、「今年一年のふりかえりをし、共有する」こととしました。この1年、どんな年だったのか?今年一番思い出に残っていることは?そんなことをテーマに、ペアになってお互いのエピソードを語り合い

自治体職員を対象とした「協働のまちづくり」職員研修を行いました。今回は「ワークショップにおけるコミュニケーションについて考える」をテーマにし、普段あまり意識されないコミュニケーションのあり方について体験をしながら学びました。事前の打ち合わせで、これまでワ
『相手を意識して伝える・聴く・問いかける』の画像

名古屋大学フューチャー・アース研究センターが主催する「東海地域SDGs研究・実践交流会-木曽三川流域圏の未来-」が開催され、参加しました。現在客員研究員として関わらせて頂いているSi-CATの議論にも通じ、SDGsというテーマからの学びも得ることが出来ました。冒頭にDr.
『自分ごととして受け止め、共感する』の画像

Public Heartsの水谷さんからご案内頂き、あすかエネルギーフォーラム様が主催する高レベル放射性廃棄物の地層処分を考えるワークショップのグループファシリテーターを務めました。高レベル放射性廃棄物は、原子力発電所で発電を行った際に生じる使用済み燃料のうち、更にリ
『つくる責任、使う責任』の画像

↑このページのトップヘ